show532reasonのブログ

事実は小説より奇なり 蜜泉彰竜の小説

第13話 天国と地獄

天国は、ご飯を食べるのに長い箸を使うんだ。

地獄は、ご飯を食べるのに長い箸を使うんだ。

 

その説話を聞いた時に違いが分からなかった。

 

要は、にこやかに食べさせ合うか、その思いが湧かずに餓死するか、

人間の心次第でこの世も決まるということだ。

 

昔、話してくれたその人は、数奇な運命を辿り、チベットから持ち帰った曼荼羅を、

奇しくも釈迦の誕生日4月8日に見せてくれた。

 

特別描写が優れているというようなことはなく、

民間信仰のご家庭で大事にされていた物だという。

 

中国の弾圧?何かの経緯で譲り受けたとのことだったが、

その当時の自分は要領を得なかった。

 

それよりも、極道の世界から身を洗い、神様と友達だとワハハと笑うその人の、

人生に興味を抱いた。

 

極道には十ヶ条があるらしい。

 

それを見て極道入りを決めたみたいだ。
中身は教えてもらえなかったが、神様を感じたという。
もともとの神様好きだった訳だ。

 

舎弟達にシャブ売りから身を引かせる為、見せしめにその恐ろしさを見せつけようと、

自らの腕にまとめ射ちしたその時、悲鳴を上げて気を失い、まばゆい光をみたという。

 

その時からのお付き合いとのことだった。

 

それから自分の人生が自分の物でなくなり、行脚の果てで出会うこととなる。

 

一カ月ほどだっただろうか、家に逗留していたのは。

 

「神様は、人じゃないんだよなぁ、光なんだよなぁ」

 

我が家の神床にある、宗祖の写真を見て言った言葉である。